日本の ”ものづくり” について

ホーム
お知らせ
日本の ”ものづくり” について

日本の ”ものづくり” について

2014年12月19日
お知らせ

先日、弊社の社員モデラー(表面処理部所属)が趣味のコンテストで大賞をいただいたようで、

その対象作品が専門雑誌の表紙を飾りました。

 

\\ こちらです //

写真 2

 

趣味の範囲とは言え大変素晴らしい名誉あることです。

・・・・・会社からはそれに対してのボーナスは出ませんが(笑
興味のある方は一度本屋さんで観てやってください。。。あっ、買ってください。
全てハンドメイド、、、もちろんCADやNC機器などで加工製作などしておりません。

職人芸ですね。(というか好きじゃなければ出来ません)

仕事外ではありますが弊社事業では共通する技術もあると思います。
「日本のものづくり」という言葉の意味には色んな分野が存在するわけですが。。。
ある意味このような趣味の分野もこれに該当しますね。

日本のマニアックなモデラー達は世界的にも評価は高いと言われています。

そこでふと思ったのです。

自分の子供の頃の事。。。。プラモデルや模型作りを遊びの一貫としていたのに対して、現代の子供達はどうなのかということ。

遊びの文化も進化したのか、最近の子供達はモバイルゲーム機器ややカードゲーム、さらにはネットゲームなど。デジタルな遊び道具と化しているようです。
時代の流れと言ってしまえばそれまでなんですが。。。
ものづくりの仕事をしている自分としては将来的に不安な部分でもあります。

・・・・・・・・・・いや、そんな大袈裟なものでもないかもしれません(笑

まぁその頃になれば我々のような事業も革新的な進化が現れるのかもしれませんね。
現在でも実際にコンピュター等のデジタル機器無しでは仕事は出来ないと言っても過言ではありませんから。

ん十年前には考えられないことです。
「日本のものづくり」の将来。。。。どうなっていくのでしょうね。

樹脂・金属の試作モデルの提案・設計・製作

〒490-1114 愛知県あま市下萱津坪井18番地

TEL:052-443-6138

FAX:052-443-5127