加工

ホーム
加工

試作品は用途に応じた精度が問われます。

アートプロは開発・設計の段階から携わり、ハンドメイドでの造形、マシニングセンター、ラピッド造形等で試作品を形づくり、着色等の表面処理に至るまで、試作品製作をノンストップで承ります。

樹脂・金属切削加工

主にマシニングセンターによる切削加工です。
住設機器のような大きな製品から、微細部品まで様々な試作品製作に対応しています。
樹脂(プラスチック)加工の場合は、透明仕上げやメッキ処理による鏡面仕上げも可能です。

真空注型

同じ試作品を複数必要とされる場合は、真空注型を用いて低コスト・短納期の試作品製作にお応えします。
真空注型はシリコンゴムを金型の代わりに型として使用し、真空中でその型に樹脂を流し込み、複製を製作します。
真空漕の中で真空状態において樹脂を流し込むため、型の隅々まで樹脂が行き渡ります。
使用される樹脂は一般的にはエポキシ樹脂、ウレタン樹脂の2種類です。ウレタン樹脂については軟質のウレタンゴム注型も可能です。また真空注型技術を応用したアクリル型でのシリコンゴム注型も製作可能です。

ラピッド造形(3Dプリンター)

3Dプリンターによる造形は一層ずつ重ね合わせていく積層造形です。
場合によっては、加工の工程のほとんどを機械に任せることによりコスト削減に繋がります。
ラピッド造形は積層目(重なった層の目)は必ず発生するためより試作品の精度を求める場合の加工には向かないことがあります。

表面処理

表面処理の方法もそれぞれの試作品に求められるものによって様々です。
エアブラシ等の通常の塗装以外にも、電解メッキ、真空蒸着等でのご対応が可能です。
ロゴマークや印字が必要な場合にはシルクスクリーンを用いて、平面だけでなく曲面や多少の凹凸面に対しても印刷を行うことができるため、より実際の製品に近づけることが可能です。
そのほか、樹脂製(プラスチック)の試作品に対しても電解メッキや真空蒸着により金属の質感を持たせられます。

樹脂・金属の試作モデルの提案・設計・製作

〒490-1114 愛知県あま市下萱津坪井18番地

TEL:052-443-6138

FAX:052-443-5127